公益社団法人久喜市シルバー人材センター

電話番号
0480-58-3677
月曜日〜金曜日 8:30〜17:15(祝祭日・年末年始を除く)

活動情報

活動情報

フレイル予防サポーター始動開始‼

久喜市から「健康づくり・食育推進モデル地区養成」の業務委託を受け、10月4日からフレイル予防教室が始まり、県連合や当センター開催のサポーター養成講座を受講した18人のサポーターが活動を開始しました。
教室初日は、初めての実践という事もありサポーターも緊張の表情でしたが、参加者の笑い声が起こる毎にその緊張もほぐれ、サポーターにも笑顔が戻ってきました。
これから3月までの長丁場ですが、サポーターの皆さん頑張ってください!

接遇研修を実施しました

公共施設管理や自転車誘導整理に就業している会員92名を対象に、7月31日と8月2日に「接遇力向上研修」を実施し、2回の開催で54名の会員が受講しました。講師は、昨年に引き続きアップグロースの宮澤先生に依頼し、シルバーでの会員トラブルの実例を織り交ぜた研修を行いました。参加した会員からは、「分かりやすかった。」「接遇に対する認識が違っていた。」「とても勉強になった。」との感想が多く聞かれました。この研修を活かし、思いやりの気持ちでお客様に接していただきたいと思います。

コスモス種まきボランティア

8月3日に「コスモス一斉種まきボランティア」が実施され、シルバーから16名の会員と、親和会から4名の方が参加しました。朝8時集合でしたがすでに気温が高く、開会式が行われた鷲宮総合支所から指定場所に移動するだけで汗だくでした。参加者は3つのグループに別れ、耕された圃場に種をまきました。コスモスフェスタの開催される10月下旬には、綺麗な花が咲くことでしょう。

シルバー人材センター「就業体験」

7月26日・29日の2日間、未登録の方にシルバー人材センターの仕事を体験してもらう「就業体験」が実施されました。
26日は、鷲宮総合支所の清掃の仕事を3名の方に体験していただきました。参加者は「とても丁寧な仕事をしている」「綺麗になって気持が良かった」と、清々しい表情でした。29日には、襖・障子・網戸の張替え作業を6名の方が体験し、「素晴らしい技術だ。」「とても楽しかった。」「自分の家の張替えに挑戦したい。」と楽しそうに笑顔で語っていました。

令和元年度定時総会

令和元年度の定時総会が、6月26日(水)に久喜総合文化会館小ホールで開催されました。齋藤理事長のあいさつ後、会員表彰と安全標語入選作品の表彰が行われました。総会には、梅田久喜市長と上條久喜市議会議長をご来賓に招き、祝辞をいただきました。その後、議事に入り、上程された5議案は大多数の賛同を得て承認されました。

定時総会アトラクション

総会に先立ち、久喜市高齢者大学校友会の「エイサー太鼓同好会」と「わかばおどりクラブ」の演舞の発表がありました。

フレイル予防教室サポーター養成講座

2月6日に開講しました「フレイル予防教室サポーター養成講座」が、4月8日に10日間の全課程を修了し閉講式が執り行われました。今後は関係機関との調整を進め、市民を対象とした予防教室でサポーターとして参加者を指導することになります。当センターのサポーター第1期生として、活躍が期待されます。

接遇研修

派遣就業会員を対象とした接遇研修を、合同会社アップグロース代表の宮澤先生を講師に招き3月25日・26日に開催しました。工場内の仕事だから接遇は関係ないと思っている方もいたようですが、派遣先の社員さんは会員から見れば立派なお客さんです。常日頃からコミュニケーションを取り良好な関係を気付き築き上げることが、楽しく確実に仕事をするためにはとても大切なことです。参加した方も、改めて接遇の大切さを学んだようでした。

救命講習

3月18日(月)に救命講習を開催しました。施設管理の業務では、利用者に急病人が発生するなどの事態も想定されます。そこで、久喜消防署東分署の方を講師に招き、応急救護の知識やAEDの使用方法などを学びました。人形を使った心臓マッサージやAEDの使用は実践さながらで、参加者も大声をだし真剣な表情で講習を受けていました。

シニアビューティーメイク講座

3月14日(木)、資生堂ジャパン㈱美容サポート部の専門スタッフの方を講師に招き、いつまでも若々しく「シニアビューティーメイク講座」を開催し、一般参加者と女性部会員28名が参加したました。受付で好みのカラーのアイシャドーを選び、スタッフの指導を受けメイクアップを楽しんでいただきました。メイクをして外出することによが、健康寿命を伸ばすことにもつながるそうです。メイクを終えた参加者の皆さんは、講習前よりも表情が明るく笑顔で帰られました。

フレイル予防教室サポーター養成講座(6日目)

10日間の日程で開催中のサポーター養成講座も6日目を迎えました。開講式では緊張の面持ちだった受講生も、講習が進につれ笑顔が増えてきました。講習も受講生がサポータ役を務めるなど実践を見据えた内容となってきましたが、予習をしっかりしていて見事なサポーターぶりでした。

久喜親和会作品展

久喜親和会主催の第15回会員作品展が、中央公民館ミニギャラリーで3月12日から開催されます。日頃、会員さんが趣味で作成した絵画、毛筆、手芸品などの作品を展示しますので、是非ご覧ください。

期 間
3月12日(火)~17日(日)
※3月14日は休館日です。
場 所
中央公民館ミニギャラリー

フレイル予防教室サポーター養成講座②

体力測定を行う参加者

フレイル予防教室サポーター養成講座

当センターではフレイル予防の事業に取組むため、サポーターとして活躍していただく会員を育成する「フレイル予防教室サポーター養成講座」を開始しました。フレイルとは、心身機能の低下により要介護状態に近づくことを指します。会員と一般の方13名が参加し、2月6日から4月8日まで全10回の日程で実施されます。サポーターとしての知識と技能を身に付けていただき、今後予定される予防教室で指導者として活躍が期待されています。

地区懇談会開催

毎年恒例となりました、地区懇談会を開催しました。今年の懇談会はこれまでと趣向を変え、昼食を取りながら会員と役職員とが懇談を行いました。参加者からは、来年も同じ形式での開催を望む声が多く聞かれ、会員同士の懇親も深めることができたようで、有意義な時間を過ごすことが出来ました。(菖蒲地区懇談会:参加者48人)

地区懇談会

鷲宮地区懇談会:参加者33人

地区懇談会

久喜地区懇談会:参加者52人

地区懇談会

栗橋地区懇談会:参加者40人

地区懇談会

久喜地区懇談会:参加者38人

コスモスふれあいロード砂利除去大作戦

12月1日(土)、「コスモスふれあいロード砂利除去大作戦」に10名の会員がボランティアで参加しました。コスモスが刈り取られた後の土を掘り起こすと、大小の石がゴロゴロ出てきました。土のう袋に半分も石を集めると1人では持ち上げられないほの重さになり、約1時間作業を行い土のう袋に20袋分の石を拾い集めました。

コスモスふれあいロード砂利除去大作戦

参加者の皆さん、大変お疲れ様でした。

久喜市民まつりに参加しました

10月21日(日)雲ひとつない青空の下、久喜市民まつりが開催されました。シルバーでは今年も、市民パレードとシルバー農園の野菜販売でまつりに参加しました。毎年好評の野菜販売は、台風の影響でネギが倒れ収穫量に不安もありましたが、開店前からお客さんが並ぶほど大盛況であっという間に完売となりました。

久喜市民まつりに参加しました

パレードの様子

女性限定の入会説明会

9月と10月にかけて女性限定の入会説明会を4回開催し、88名の方にご参加いただきました。皆様の入会をお待ちしています。(鷲宮地区会場の様子)

女性限定の入会説明会

菖蒲地区会場の様子

女性限定の入会説明会

9月の11日と12日に「シルボンヌさん募集」と題して女性限定の入会説明会を開催しました。
当初は参加者が集まってくれるか心配しましたが、チラシの全戸配布を行うと参加希望の電話が殺到し、多くの女性の方に参加していただきました。普段の説明会では聞けない、女性会員の体験談の発表もありました。
来月、10日(水)鷲宮公民館、11日(木)菖蒲文化会館でも開催します。センターに興味をお持ちの女性の方は、是非ご参加ください。(久喜地区会場の様子)

女性限定の入会説明会

栗橋地区会場の様子

コスモス種まきボランティア

今年もコスモス一斉種まきが、鷲宮総合支所周辺の「コスモスふれあいロード」行われ、センターから11名の会員さんがボランティアで参加しました。
朝からとても暑い日でしたが、参加した皆さんは額に汗をかきながら、黙々と種をまきました。秋には、綺麗なコスモスの花が咲くことでしょう。

コスモス種まきボランティア

参加していただいた皆さん、お疲れ様でした。

平成30年度定時総会

6月27日(水)、久喜総合文化会館小ホールにおいて平成30年度定時総会が開催されました。
齋藤理事長のあいさつ後、表彰規程に基づく会員表彰(75名)と安全標語入選作品(12作品)の表彰が行われ、梅田市長、上條市議会議長から祝辞をいただき議事に移りました。議事では、中沖議長の進行のもと提出された3議案はすべて承認されました。

平成30年度定時総会

総会に先立ち、「バディベンチャーズ」によるミニコンサートが行われ、懐かしのベンチャーズサウンドで盛り上がりました。

接遇力向上研修

公共の管理業務の就業会員を対象として、3月26日と28日に接遇力向上研修を実施し61名の会員が参加しました。いまさら接遇?と思われる方もいるかと思いますが、研修を終えた会員からは「とてもよかった。」「あらためて接遇の大切さに気付いた」などの声が聞かれ、とても好評でした。今後もこの様な研修会を実施し、利用者に喜ばれ信頼されるシルバー人材センターを目指していきたいと思います。

いきいき美容教室

3月14日(水)、資生堂ジャパン㈱美容サポート部の専門スタッフの方を講師に招き、「いきいき美容」を開催しました。美容教室は、定員30名が申込開始30分で一杯になる程の人気ぶりでした。参加者の皆さんはスタッフの指導のもと、ファンデーション・口紅・目元のお化粧を楽しんでいました。楽しくお化粧することが心の健康を保ち、フレイル(虚弱)の予防につながるそうです。お化粧を終えた皆さんの笑顔が、とても印象的な美容教室でした。

色鉛筆画講習会

2月22日(木)に女性部会で企画をした色鉛筆画講習会が開かれ、一般申込みの17名と女性部会員8名が参加しました。リンゴやオレンジの題材から好きなものを選び、鉛筆で下絵を描いた後に色鉛筆で色付けを行いました。参加者の多くが色鉛筆画は初めてということでしたが、どの作品も素晴らしい出来上がりで、先生も驚きの声を上げていました。

地区懇談会

1月16日の鷲宮地区を最初に、今年度も各地区で懇談会が開催されました。懇談会では、久喜警察と幸手警察のご協力をいただき「高齢者の交通安全」についての話や、会員とセンターの意見交換が行われました。また、シルバー人材センターでの働き方についてまとめられた「シルバー人材センターのご案内」を配布し、適正就業についての再確認もされました。5回の懇談会で197人の方に参加していただきましたが、前年度に比べ参加者が少なくなり寂しい懇談会となりました。懇談会で出されたご意見等は、センター運営に活かしていきたいと思いますので、今後ともご理解とご協力をお願いします。

料理講習会

 12月5日(火)、女性会員が交流し親睦を深めることを目的に、女性部会の主催による料理教室が開催されました。

 講師に会員の中野清敏さん(菖蒲地区)を招き、「イカメンチ」を作りました。「イカメンチ」はこの辺りでは馴染みがありませんが、青森県津軽地方のソウルフードとして食べられている、イカ・玉ねぎ・キャベツなどを混ぜ合わせた揚げ物です。

 その他にも、お稲荷さんや具だくさんのけんちん汁を作り、美味しい料理を食べながら話に花が咲いた楽しい1日でした。

草刈払機取扱講習

 11月16・17日の2日間、草刈払機の取扱講習が開催され、就業希望者や就業間もない会員16名が参加し、機械の取扱いや安全対策について学びました。会員の高齢化とともに、草刈り作業に従事する会員が減少してくる中、後継者育成が必要とされています。今回に参加者には、草刈作業で活躍してくれることを期待しています。

わしのみやコスモスフェスタ2017

 10月28日(土)、「わしのみやコスモスフェスタ」に参加しました。台風の影響で朝から小雨模様の日でしたが、新鮮な採れたて野菜は販売開始から大盛況。あっという間に完売となりました。

第31回久喜市民まつり

 10月15日(日)に開催された「第31回久喜市民まつり」に参加し、シルバー事業紹介のパネル展示、シルバー農園で収穫した野菜や会員から提供された野菜の販売を行いました。冷たい雨の降る中いつもより人出は少なかったものの、用意した新鮮な野菜は盛況のうちに完売となりました。

加須市・久喜市合同研修

 9月21日(木)、加須市と久喜市の役職員による合同研修会が開催され、県連合の岡野部長の講演後、分科会に分かれセンターの事業運営等について意見交換が行われました。参加した理事からは「大変勉強になった。今後も続けていきたい。」という声もあり、有意義な研修となりました。

コスモス種まきボランティア

 8月5日(土)、鷲宮地区葛西用水路沿いのコスモスふれあいロードの「コスモスの種まきボランティア」に参加しました。
 今年で3回目の参加になりますが、今回は会員にも呼びかけをしたところ15名が参加し、それぞれの思いを込めながら種をまきました。秋が深まる10月中旬頃には、美しいコスモスの花が皆さんを楽しませてくれるでしょう。