公益社団法人町田市シルバー人材センター

電話番号
042-723-2147
受付時間 8:30~17:00(土・日・祝日を除く)

ボランティア活動

ボランティア活動について

ボランティア活動の基本的な考え方
地域に根差した事業を行う公益法人として、日頃の感謝をこめた社会貢献の一環として、ボランティア活動を組織的に行っています。
本センターの趣旨に賛同して入会した会員が、センターが公認・主催した活動に参加しています。地域班の会員は地域班長を中心に自発的に計画し、地域班毎に活動に参加しています。
併せて、地域社会へシルバー事業の周知・啓発活動と同時に共同作業を通じて本センターの会員の生きがい、健康維持と相互の交流と親睦を図っています。

町田市社会福祉協議会に文房具 ・日用品をお贈りしました 2024年度(第一回)

2024年7月5日(金)

皆さまからご寄付頂いた、文具や生活用品を、市内の子ども達や困難を抱えた子育て世帯にお届けするため、社会福祉協議会さまにお渡ししました。 ありがとうございました。

引き続き、皆さまのご協力をお願い致します。

文具用品 663点、生活用品  59

(写真) (左から) ボランティア委員会 和田委員長 、 町田市社会福祉協議会常務理事 叶内昌志 様 

FC町田ゼルビア支援

2024年7月6日(土)
6月26日(水)第20節からJ1リーグは後半戦に入りました。第20節ヴィッセル神戸戦はアウェイで0-0で引き分け、次の第21節もガンバ大阪とのアウェイゲームでしたが、この試合から復帰したミッチェル・デュークの活躍もあり3-1で逆転勝利、上位対決2試合を1勝1分で乗り切りました。

7月6日(土)は名古屋グランパスとの3試合ぶりのホームゲームです。良いスタートを切れただけに、とても重要な試合です。前半この試合を最後にイングランドに移籍する平河からのパスを受けた下田のゴールが決まり1-0で勝利しました。

ボランティア活動:第22節名古屋グランパスとのホームゲームには13名のボランティアが参加、ゼルビアと上層ゲートにてプログラムの配付(6名)と、臨時駐輪場では自転車の誘導や整理を(7名)行いました。新しい仲間も徐々に増えてきました。

詳しい活動ニュースはこちらから ⇒ ゼルビア活動ニュース第7号(2024年7月6日)

美化・清掃活動

2024年5月25日(土)
南町田グランベリーパーク駅周辺ポイ捨て・路上喫煙禁止マナーアップキャンペーンを実施(町田市主催)

町田市シルバー人材センターからは11名が参加、美化活動として道路上のポイ捨てゴミを回収しました。

学校支援

学校支援ボランティア

・昔遊び(コマ廻し、けん玉、アヤトリ、お手玉等)

・折り紙、絵手紙教室

・学習支援(算数補講支援、ミシン掛け実習、お琴教室など)

2023年度は延べ20名以上が参加、6校で活動しました。

特別警戒パトロールに参加

町田市・相模原市合同歳末特別警戒パトロールに参加
(平成27年12月22日)

盗難防止キャンペーン

バイク・自転車等 盗難防止キャンペーンに町田警察署職員・市職員と一緒に参加して防犯ネットやティッシュを配布しました
(平成28年4月18日)

日赤の献血支援

日本赤十字社の献血支援ボランティア活動
町田駅近くの町映ビル7階にある献血ルームで献血に来られる方々の受付補助や誘導・ご案内を 市民ボランティアスタッフとシルバー会員8名のボランティアスタッフがそれぞれ日程調整して活動しています。
活動時間は 10:30~13:00,  14:00~16:30。

地域班ボランティア

地域班でのボランティア活動について

  お住まいの地域でボランティア活動を始めてみませんか。




活動紹介の動画ー地域班でのボランティア活動

職群班ボランティア

パソコングループボランティア
パソコンの何でも相談日(無料)(2か月ごと)やパソコン体験教室(無料)(月1回)の実施。

行政との連携

空家対策の推進のための協定を締結しました

町田市では、空家対策を推進するためこ、2016年6月22日に町田弁護士クラブ、東京司法書士町田支部、東京税理士会町田支部、東京土地家屋調査士会町田支部、一般社団法人東京都建築士事務所協会町田支部、公益社団法人町田市シルバー人材センター、NPO法人顧問建築家機構と協定を締結しました。
 この協定により、市民に向けた空家セミナーや相談会の実施、各種専門家による相談窓口の設置など、各団体が持つ専門的な知識や、そのノウハウを活かした相談体制の整備などを行い、空家対策を推進します。
【主な協定内容】
・空家対策の周知啓発に関すること
・空家にかかる相談に関すること
・空家対策にかかる必要な情報の共有及び発信

町田警察署と防犯活動等支援に関する協定を結びました

(平成28年2月3日)

以下 協定の抜粋
協定の目的
 第1条この協定はシルバー人材センターが町田警察署の行う防犯活動等に協力することにより、高齢者への詐欺被害等を防止することに寄与することを目的とする。
連携内容
 第1条シルバー人材センター及び町田警察署は、前条の目的の為に、次の 事項について連携するものとする。
(1) 振り込め詐欺キャンペーンに関する事。
(2) 就業を通じた高齢者の社会参加に関する事。
(3) 歳末特別警戒パトロールに参加する事。
(4) その他両者が協議して必要と認める連携に関すること。

町田警察署から「振り込め詐欺被害防止アドバイザー」を委嘱されました

(平成28年5月25日)
前項の「高齢者の詐欺被害の現状」を受講したシルバー会員に対し「振り込め詐欺被害防止アドバイザー」が委嘱され 当センター会長が代表して委嘱状等を受け取りました。
町田警察署から委嘱状等を受け取りました。

南大沢警察署と防犯活動等支援に関する協定を結びました

(平成28年7月15日)町田警察署に続き町田市の相原・小山・小山が丘地域を管轄する、南大沢警察署と防犯活動等支援に関する協定を結びました。

防犯功労表彰

(令和4年7月15日)
町田警察署より防犯功労の表彰を受けました。