公益社団法人町田市シルバー人材センター

電話番号
042-723-2147
受付時間 8:30~17:00(土・日・祝日を除く)

専門活動委員会

専門活動委員会

ファイルにはパスワードがかかっています。

・会長・副会長サロン

・総務委員会

・適正就業・事業推進委員会

・ボランティア委員会

・安全管理委員会

・広報活動委員会

平成30年度 ボランティア委員会活動実績報告

市内全域の班で活動し、更に会員の体力や年齢に合わせて、参加出来るような体制を作るように、年度の目標と目標値を設定してきました。 “年に一人1回は活動に参加”を会員の皆様に呼びかけて来ましたが、心の中では世のため人のため何か役立ちたいと思っていても中々活動に向けての一歩が踏み出せない方が多い様です。年度を通して専門委員会(地区委員)・班長・事務局の協力を得て各地域で参加の声かけを粘り強く続けてきました。

目 標 : 参加人員の20% 増加

目標値 : 実施地域班  対前年度比 10班 増加

・活動が各地区・地域班で出来るような情報の提供や機会を作るように努めています。

1)地域班による社会奉仕活動の促進 【△】

・地域班での活動を促進するために“地域班でボランティアを始めるために”を作成し、各地区担当委員、班長等に配布し、HPにも掲出して地域班の活動を促すように努めました。
・10月21日の「市内一斉美化清掃」に、32地区で実施、216名が参加。

実行計画の実施状況  (〇 実施  △ 一部実施  ✕実施せず)

1)地域班による社会奉仕活動の促進 【△】

・地域班での活動を促進するために“地域班でボランティアを始めるために”を作成し、各地区担当委員、班長等に配布し、HPにも掲出して地域班の活動を促すように努めました。
・10月21日の「市内一斉美化清掃」に、32地区で実施、216名が参加。

2)警察署との協定に基づく防犯活動支援の実施 【〇】

・防犯のつどい、防犯パトロール、特殊詐欺防止キャンペーン等の支援要請に協力し、14地区の地域班に協力していただきました。
  町田警察署管内:延べ15回    南大沢警察署管内:4回
  新規実施地域:★つくし野地区、★南町田地区(鶴間、金森)、★忠生地区
         ★木曽地区(木曽西・東地区班)、★原町田地区、★小山田桜台 等
   ※「町田地域安全のつどい」等に、会員112名と家族・知人の方約60名が参加

3)~6)の支援活動 【〇】

7)未来を担う子どもたちへの支援 【〇】

・8月にカンボジアへ、直接約600点の文房具をお届けできました。

8)新規に参加した活動

「町田市さくらまつり」「ぼっちゃ競技」「Dサミット」等

2019年度 ボランティア委員会 実施計画

目 標 : 参加人員 10%(約50名の増)の増加 (実参加会員550名)
目 標 値 : 実施地域班  対前年比 10班の増加

実施計画項目

1.“住み良い街づくり”のため地域中心の活動を推進し“活動への全員参加”を目指します
2.「市内一斉美化清掃」の実施等、地区・地域班中心の社会奉仕活動を推進していきます
3.地元警察との協定に基づき防犯活動支援を行います
4.ホームタウンチーム等の試合運営の支援を行います
5.伝統芸能を中心としたグループの会員の訪問形式の活動を行います
6.市との協定やその他の団体が主催する高齢化社会に対応した公益性の高い活動の支援を行います
7.国内外の子どもたちや、困難を抱えた家庭や子供たちの支援を行います
8.専門的な技術知識を活かしたボランティア活動の実施します

実行計画

①“一人年1回の活動への参加”を呼び掛け、実参加者を550名に増やすことを目指します
・活動の趣旨の理解のため、HP、チラシ、ポスター等を利用して、年間を通じて行います
・地域連絡会、各種職群、研修会、趣味活動等の様々な機会を捉えて参加を呼び掛けていきます
・会員の体力等に合わせた活動に参加してもらうために、参加できるメニューの拡大を図ります
②地域社会への貢献を目指した地域班ごとの美化清掃や活動の多様化を推進します
・市内一斉美化清掃の日を決めて、各地域班が実施しやすいように支援します
・地域中心の活動を推進のために、参加できる活動の多様化を図り、参加しやすい状況を作ります
③協定に基づき、特殊詐欺・交通安全等を含め各種防犯活動の実施地域の拡大を図ります
④「FC町田ゼルビア」を中心とした町田市のホームタウンチーム等の試合運営支援を行うと共に、市などが主催・後援する各種スポーツイベント等の支援活動に対応して行きます
⑤福祉施設や各種イベントを中心に、伝統・芸能分野等の出張ボランティアを継続して行います
⑥市やその他の団体が主催する高齢化社会に対応した公益性の高い活動への参加拡大を図ります
・高齢者が直面する認知症や買い物難民等に対応し、併せて見守り活動への参加を図ります
・「赤十字運動支援」や「学校支援」等の公益性の高いボランティア活動を実施します。
・学校支援の教科別、スキル別のグループ化を図ります
⑦行政などが行う困難を抱えた子育て世帯への支援活動への参加を促進します
・家庭に眠っている文房具などを寄付してもらい 国内外の被災した子どもたちの支援を行います
⑧専門性を活かした活動を進めるために、会員の特技などを調査し活動につなげていきます。また仕事別グループの活動への参加を促し活動先の開拓の支援に務めます