公益社団法人鴻巣市シルバー人材センター

048-569-3006

受付時間: 8:30 ~ 17:15

鴻巣市の紹介

【鴻巣市の紹介】

鴻巣市は1954年(昭和29年)9月30日に市制施行し鴻巣市となりました。その後2005年(平成17年)10月1日に北足立郡吹上町・北埼玉郡川里町を編入し、これにより人口が約12万人を有する市となりました。東京都の衛星都市である一方で花や園芸、稲作も盛んであるが、近年では「びっくりひな祭り」や荒川の川幅日本一であることにちなんで「川幅うどん」がB級グルメとしてテレビ等にも取り上げられ鴻巣市の知名度アップに繋がっております。
鴻巣市シルバー人材センターは昭和58年に鴻巣市高齢者事業団として発足。平成元年には組織を充実するために法人化し社団法人鴻巣市シルバー人材センターとなりました。平成18年4月1日に社団法人吹上町シルバー人材センター、川里町高齢者事業団と市町村合併に伴い1市2町で統合し社団法人鴻巣市シルバー人材センターとなりました。平成24年4月1日からは公益社団法人鴻巣市シルバー人材センターとなりました。
シルバー農園事業やリサイクル事業などの独自事業や就業(仕事)以外の楽しみとして、会員で組織する互助会活動も活発で会員同士の仲間作りや市等のイベントに積極的に参加し、また地域への奉仕活動としてボランティア清掃活動を行いセンターのPR活動に努めております。今後も元気で働く意欲のある高齢者が地域社会に貢献するための一翼を鴻巣市シルバー人材センターは担っております。