公益社団法人大野市シルバー人材センター

0779-66-0069

月曜~金曜日 8:30~17:15

独自事業の歴史

独自事業の歴史

平成5年4月 刃物研ぎ研磨機を購入

平成4年10月1日より国庫補助団体となり経済基盤が確立したため物研ぎ研磨機の購入に踏み切った。

平成8年4月 4つの独自事業をスタートさせる

会員の就業機会の確保とシルバー事業のPRを目的に独自事業に取り組む。
①刃物研ぎ ②ふるさとクラブ 
③健康竹炭枕 ④かぶと虫飼育
 

 ※ ②~④の事業は3年間の実績で継続の有無を判断することとした。

平成9年8月 月刊シルバー8月号の表紙を飾る

健康竹炭枕が月刊シルバーの表紙に掲載された

平成11年3月 「健康竹炭枕」と「かぶと虫飼育」事業の継続を断念

健康竹炭枕は、販売先の確保・製品の品質保持が難しく事業継続を断念
かぶと虫飼育は、奇形のかぶと虫が多く発生したため事業継続を断念

平成11年4月 平成10年度補正予算 独自事業奨励金を活用

花苗育成のためのビニールハウスを購入し
新しい独自事業 ”花の里クラブ”を開始した。

平成14年9月 大野市商店街空地空家活性化対策事業の補助金を活用

空店舗を改装し市街地の活性化と会員の憩いの場の提供を目的に”ねんりんの里本店”直売所事業を開始した。
❝女性会員活躍❣❞

平成14年10月 厚生労働大臣より感謝状を受賞

ふるさとクラブの取り組みを中心とする就業対策活動が評価された。このことは大きな自信と励みになり、その後の活動に好影響となった。

平成14年11月 月間シルバー11月号カメラルポ「働く」に掲載

”ふるさとクラブ”の活動が、5ページにわたりカラーで詳しく紹介された。

平成20年1月 「わら細工の里」スタート

冬期間の安定した就業の確保を目的とし、降雪地に絶対必要な雪囲い用のわら縄を、大野産の稲わらを使用して作る事業を開始した。

平成20年9月 「栗の里」スタート

高齢化で管理ができなくなった栗園を引き受け、丹波栗約200本が生育する栗畑の管理を開始した。

平成21年10月 福井県ふるさと雇用再生特別基金事業 ふるさと畑緊急総合サポート事業を活用し「ふるさと畑」「あじわいの里」の2事業を開始

県より、野菜の集出荷の為の人件費と備品等の購入費の補助を受け、市場に出回らず自家消費もされない野菜の集荷販売を行う事業”ふるさと畑”を開始した。同時にふるさとの食材を利用した総菜加工事業”あじわいの里”も誕生した。

平成22年10月 月間シルバー10月号「直伝、ふるさとの料理」に掲載

ふるさと料理の内容よりも、食材の調達、総菜加工、販売に取り組む
独自事業の連携をPR出来た。

平成22年12月 「ねんりんの里VIO店」オープン

ショッピングセンターの一角をお借りして、ねんりんの里2号店を開店した。 ❝女性会員活躍❣❞

平成23年5月 「ねんりんの里リブレ店」オープン

元ショッピングセンターの一角をお借りして、ねんりんの里3号店を開店した。 ❝女性会員活躍❣❞

平成24年4月 企画提案方式を活用し2事業を同時スタート

地産地消おもてなし事業として”ねんりんの里キラリ”、衣類等のリユース・リフォーム事業として”ねんりん工房”をオープンし女性会員の活躍の場を増やした。
❝女性会員活躍❣❞

平成25年4月 企画提案方式を活用し3事業目をスタート

ワークプラザの有効的な活用を目的とした生きがい交流事業”ねんりん楽校”を開校した。

平成25年11月 「ねんりんの里リブレ店」閉店

元ショッピングセンター取り壊し決定に伴い、惜しまれながらも閉店することになった。

平成25年12月 「あじわいの里」事業継続を断念

施設の維持経費や就業会員の確保が困難になり事業継続を断念した。

平成26年4月“独自事業のイノベーション”5事業をグループ化し組織力強化!

”ねんりんの里本店” ”ふるさと畑” ”VIO店” ”キラリ” ”蕨生加工場” の5事業の連携による有機的・総合的な第6次産業の展開を目指しグループ化に踏み切った。
❝女性会員活躍❣❞

平成26年6月 「ねんりんの里パリオ店」オープン

福井市の大手スーパー「ヤスサキ」様の店舗に、インショップとして新店舗を構え福井市進出を果たした。

平成26年7月 「ねんりんの里江守店」オープン

ヤスサキ様の店舗内にインショップとして福井第2号店をオープンした。

平成26年9月 「蕨生加工場」本格稼働

廃校になった小学校の給食室を利用し、4種類の食品営業許可を取得した。”そうざい” ”菓子” ”みそ” ”漬物”
❝女性会員活躍❣❞

平成27年10月 「ねんりん茶屋のーそん」オープン

地域ニーズ対応事業不採択という最悪の事態を乗り越えて、自前財源で”のーそん”をオープンした。
❝女性会員活躍❣❞

平成27年10月 400年の歴史を誇る「七間朝市」に出店

朝市の賑わいのために当センターも出店をと、大野市より声掛けがあり、継続出店を目標に大野市朝市出荷組合に法人として加入し出店を開始した。
❝女性会員活躍❣❞

平成28年1月 「新生わら細工の里」誕生

稲わらの確保が困難になり、主力のわら縄作りが出来なくなったため、新たな製品づくりに取り組むグループとして、旧メンバーの一部と新メンバーによる新しいグループが誕生した。

平成28年4月 「地域就業機会創出・拡大事業」を活用

日常生活に支障をきたしている高齢者宅へ手作り弁当を配達し、要望に応じて買い物代行、ゴミ出し、除雪、入院時の洗濯や食事介助、安否確認を行うなどの隙間サービス事業を開始した。
❝女性会員活躍❣❞

平成28年5月 月間シルバー5月号 カメラルポ「働く」に掲載

”大野で活躍するねんりんグループ”として、”ねんりん茶屋のーそん”を含めたねんりんグループの取り組みが5ぺーじにわたりカラーで紹介された。

平成28年12月 月間シルバー12月号「いろいろベスト50」にランクイン

独自事業の収入金額”全国第3位”

平成29年1月 月間シルバー1月号「いろいろベスト50」にランクイン

“会員一人当たり就業日数全国第1位”

平成29年10月 月間シルバー10月号「いろいろベスト50」にランクイン

”粗入会率全国第43位”、”女性会員比率全国第13位”  ❝女性会員活躍❣❞

平成30年7月 「のーそん工房」誕生

設立30周年を記念し15番目の独自事業が誕生しました。
水引細工を楽しむグループです。
記念の第1号作品 “結くるみ” も同時に誕生しました
❝女性会員活躍❣❞

令和元年9月 全国農業新聞一面に掲載❕

ねんりんの里本店とキラリの取り組みが紹介されました